米国大学スポーツ留学


スポーツをする上でプロを目指すことは大きなモチベーションとなりますが、プロになるとしてもいつプロになるべきなのかをよく考える必要はあるでしょう。

 

ITFによるとテニスのジュニア世界ランキングトップ100の選手のうちプロでトップ100に入れるのは女子で19%、男子ではたった7%。フェデラーの年収が70億円である一方で"プロ"選手の43%が年に1円も稼げていない現実、96%は遠征費などを含めた収支が黒字にさえならないという現実があります。


 

アガシ、シャラポワ、錦織などトップアスリートを多く輩出し男女ともにITFジュニアの1位選手が所属するIMGアカデミー(高校)でさえ卒業後すぐプロになるのは1-2%、残りの98%以上は大学へ進学します。前述の通りプロになれてもそれで賞金が稼げるか、生活が成り立つかは全く別の話だからです。

 

USTA/ITFの調査結果によると、トップ100以内に入る選手はプロ転向後、平均約4年でそれを達成。そしてトップ20、トップ200のいずれも平均年齢は26歳。またプロ転向の年齢に関係なくプロとしてのキャリア年数は平均で7年間。それであれば素晴らしい設備や待遇を提供するアメリカの大学でトレーニングを積み、卒業後に自分のレベルを見直してプロ転向を考えてもいいのではないですか?スタンフォードやUCLAを筆頭としたNCAA所属の名門大学を卒業するチャンスさえあるということは、将来あなたがプロ選手以外のキャリアを選択するという99%のうちの一人になった時にも大きなリスクヘッジとなるはずです。

ハーバード大学の合格率が10倍以上に?

オバマ政権の大統領タスクフォースで主席顧問も務めたスティーブン・ラトナー氏によると、ハーバード大学を例にとった場合、通常の合格率は6%程度であるのに対していわゆるスポーツ推薦の場合、その合格率は86%にも跳ね上がるとのことです。ハーバードを含むアイビーリーグの大学ではスポーツに対しての奨学金はないものの、入学そのものがとても大きなメリットとなり、結果としてそれが将来の収入にポジティブな影響を与える可能性が高いことから、ある意味では奨学金を得ることと同等かそれ以上の効果を生むとも言えるでしょう。学生アスリートの合格率が高いという傾向はスタンフォードやUCLAなど奨学金が支給される名門大学の多くにもあてはまります。逆に言うといくらスポーツができたとしてもその大学の入学がでる学力がなければコーチはどうすることもできませんので、学業面での要求もクリアできるよう早めから計画を立てて準備することが重要になります。


奨学金

アメリカの大学では約60万人の学生アスリートが活動し、その多くが毎年総額で約4,500億円もの奨学金を手に入れています(日本と違いアメリカの奨学金には返済義務がなく、返済義務があるものはローンと呼ばれます)。この奨学金は入学前に確約されるもので、授業料はもちろん寮費、食費、書籍費用からお小遣いまでの全額が支給されることも珍しいことではなくスポーツ用品もスポンサーによって支給されることが多くあります。例えばNCAAのディビジョン1フットボールでは1チームあたり85名までの全額奨学金支給が認められますし、バスケでは1チーム13名です。その一方でスポーツのスキル以外に学業成績やTOEFL、SATのスコアなど求められますのでこの奨学金を狙うのであれば早い時期から何が必要になるのか、それが現実的なものなのかも含め確認し、その実現のためにどうすればいいのかを考えながら準備することが重要となります。

NCAA - The National Collegiate Athletic Association

NCAAとはThe National Collegiate Athletic Association (全米大学体育協会)の略で、入場料やテレビ放映権料、グッズ販売などを管理し、膨大な資金と各大学への影響力を持ちます。NCAAはディビジョンがI, II, IIIと別れており、1,100の加盟大学、24のスポーツ、19,500チームに所属する学生アスリート数は合計で約50万人と膨大で、各大学公式チームはこの中で90もの選手権を争うこととなります。高校卒業後にNCAAの学生アスリートになる割合はテニスで男女共約5%。野球は7%、サッカーは男子6%、女子7%、バスケは男子3%、女子4%。ゴルフでは男子6%、女子7% です。


NAIA - National Association of Intercollegiate Athletics

NAIAはNCAAに次いでメジャーな連盟です。約250の大学とそこに所属する約77,000名の学生アスリートが加盟し、NCAA同様に加盟大学はスポーツ奨学金の予算を持ちますが、その予算額は約880億円と全体的にNCAAと比較すると小さくなります。NCAAと違い参加基準である評定平均の計算に指定科目がなくSATも避けることができることから、それら基準がNCAAに満たない場合でもNAIAで奨学金を狙うことが可能になります。


NCAA/NAIA/NJCAAの比較

  NCAA NAIA NJCAA
所属カレッジ数  1,098  250 500
ディビジョン数 3 2 3
スポーツ数* 40 25 27
カンファレンス数 102 21 24**
チャンピオンシップ数 90 27 52
所属学生アスリート数 460,000 77,000 60,000
うち留学生数 20,000  - -
奨学金規模 35億ドル 8億ドル 1.4億ドル

*男女それぞれ一つのスポーツとカウント

**NJCAAはカンファレンスではなくリージョン制

日本国内大学進学と米国大学スポーツ留学を比較した場合のメリット

  • 圧倒的な設備とトレーニング環境
  • 授業料のみならず生活費から道具、遠征費、小遣いにいたるまでの手厚い奨学金支給の可能性
  • 世界的な名門大学での学位取得の可能性
  • 実践的な英語コミュニケーションスキルの獲得
  • 異文化理解やリーダーシップなどヒューマンスキルの獲得
  • 国際的な評価やランキングポイント獲得のしやすさ
  • グローバルな人的ネットワークの構築
  • 理不尽な上下関係と非科学的な根性論からの脱却

アメリカの大学進学の場合はまず言葉や文化の壁を乗り越える必要があり、また常に成績というプレッシャーを受けながらプレーすることとなります。この点では日本国内の大学進学に比べてより大変ではあるものの、逆に言えば言葉や文化の違いを乗り越えプレッシャーへの対応やタイムマネジメントといった社会人として非常に重要なスキルを自然と身につけることができることとなり、プロスポーツ選手になるならないに関わらずキャリアで成功を手に入れられる可能性を大きく高められることとなるでしょう。